スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アメリカJCC】過去データから勝ち馬予想!

中山芝2200m 4歳上という条件で行われるG2レースのアメリカJCC。ダートG2の東海Sも気になるところですが今週はアメリカJCCの予想を行って行きます。アメリカJCCは他のレースに比べて過去の傾向がはっきりしているレースなので、その傾向を元に予想すれば的中率も高くなるはずです。過去データの他にも最近の重賞である法則を発見!?

過去10年のレースデータを確認していきます。

人気の傾向

1番人気馬は過去10年のレースで3勝。残りの7頭は馬券に絡めずやや不振気味です。
勝ち馬に関しては、どの年も必ず5番人気以内から出ています。

上位人気に支持された馬から軸馬を予想した方が堅実でしょう。

4歳・5歳馬に注目

4歳馬は連対率40%と最も安定して結果をだしています。
5歳馬も過去5年のレースで5勝と勝率が高いです。

4歳・5歳馬が中心になりそうですが8歳以上の高齢馬も2着4回と案外好走しています。高齢馬だからといって軽視するのはやめた方がいいかもしれません。

先行勢有利

中山芝2200mのコースはスローペースになりやすく基本的に先行勢が優勢です。過去に開催されたアメリカJCCでもその傾向が表れていて逃げ・先行馬が好走しています。

過去10念のレースで追い込み馬が2着にはいったのは僅かに1度だけということを見ても先行勢が圧倒的に有利ということが分かります。

連対馬は重賞実績がある

過去10年のレースで連対した20頭のうち14頭が重賞勝ち馬です。
残りの6頭も過去に重賞で掲示板に載ったことがある重賞実績馬でした。

ダノンバラードに注目!!

ダノンバラード

過去のデータから見て個人的に勝ち馬になると予想する馬はダノンバラードです。前走の有馬記念では、15着と大敗していますが昨年の1着馬ですし、今回のメンバーの中で一番実績があります。

また最近の重賞でディープインパクト産駒が好走しているのも後押しするデータになります。

【中山金杯】
ディサイファ→3着

【京都金杯】
エキストラエンド→1着
オースミナイン→2着

【京成杯】
アデイインザライフ→3着

【日経新春杯】
サトノノブレス→1着

今回のアメリカJCCでディープ産駒に該当するのはダノンバラードとサクラアルディートの2頭です。最近のディープ産駒の活躍から見てこの2頭は抑えておいて間違いないでしょう。

また、最近重賞でルメール騎手が無双しているのでトゥザグローリーも抑えて抑えておきたいところですね。ルメール人気で最終的には5番人気くらいになりそうですが、馬券圏内には持ってきそうな気がします。

関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。