スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年シンザン記念データと予想

2014年1月12日に開催される日刊スポーツ賞シンザン記念のデータを振り返って 予想をしていきたいと思います。過去にシンザン記念で結果を出したオルフェーヴル 、ジェンティルドンアなどは後のクラシックレースを制しています。このレースを足がかりにクラシックで活躍する 馬も多いので2014年もシンザン記念で1着となった馬は注目すべきでしょう。

過去10年のデータをシンザン記念の予想を行っていきたいと思います。

人気の傾向

1番人気馬が最も連対率が高く、その連対率は50%です。
2番人気、3番人気馬もなかなか連対率が高く共に30%となっていました。

過去10年の3着以内馬のうち11頭が6番人気以下となっています。
やや人気馬優勢の傾向のように見えますが近年はヒモ荒れになることが多く、過去5年の2着馬はすべて9番人気~12番人気の穴馬です。

脚質は先行勢が有利

2009年~2013年の勝ち馬はすべて先行勢です。
開幕して馬場があまり荒れていないということも先行勢が有利という傾向に影響しているようです。

基本的に先行勢の勝率・連対率が高いので前に行ける馬が予想の中心となりそうです。

前走重賞出走組に注目

前走G1から出走した馬は連対率18%と好調です。
ただ、阪神JFからのローテーションで臨んだ馬は過去10年で一度も馬券に絡めていません。

朝日杯FSからのローテーションで出走する馬を中心に予想していった方がいいでしょう。

距離実績

過去10年の1着~3着馬30頭のうち29頭が芝・ダート関係なく1400m~1800mで3着以内に入った実績があります。

内枠有利

【1枠~2枠】 4-4-2-19 連対率27.6% 複勝率34.5%
【3枠~6枠】 4-4-7-54 連対率11.6% 複勝率21.7%
【7枠~8枠】 2-2-1-34 連対率10.3% 複勝率12.8%

枠番に関しては内枠が断然有利です。
1枠~4枠に入った馬と5枠~8枠に入った馬とを比較しても連対率は3倍近い差があります。

特に1枠と2枠に入った馬は好成績を残しています。
有力馬が内枠に入ったら期待度は高いと言えるでしょう。

結論

ウインフルブルーム

ひいらぎ賞圧勝のミッキーアイル。
万両賞を制したモーリス。
朝日杯FS3着馬ウインフルブルーム。

この3頭が上位人気に支持されることになるでしょう。
過去のデータから見てもっとも勝ち負けしそうな馬はウインフルブルームです。

既にG1で結果を残していますし、好走傾向にある朝日杯FSからの出走。
芝1600mのレースでも1着経験があるのもプラス材料です。

過去にデータから見て、ウインフルブルームを軸に中穴馬へ流すように予想するのがベストかと思います。

◎ウインフルブルーム
〇ミッキーアイ
▲シゲルカガ
△モーリス
△アグネスドリーム
☆セセリ

<PR>
千軍万馬

関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。