スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013京王杯2歳Sのレース傾向を分析してみました!!

京王杯2歳Sの過去のデータからレース傾向を分析して見ました!!この分析データが参考になったら光栄です!!では、早速2013京王杯2歳Sに向けて見て行きましょう!!

京王杯2歳

京王杯2歳Sはどんなレース?

近年のこのレースで勝利した馬は、その後の2歳GIや3歳クラシック路線だけでなく、古馬のGI 戦線でも活躍を続けています。今年もこのレースで結果を残した馬には引き続き注目が必要です。それでは未来の活躍馬が続出しているこのレースは、どのようなレース傾向なのか、過去10年の結果から見て行きましょう。

<人気別成績(過去10年)>
1番人気→勝率20%・連対率40%

2番人気→勝率0%・連対率10%

3番人気→勝率20%・連対率30%

4番人気→勝率10%・連対率20%

5番人気→勝率20%・連対率30%

人気別成績に特徴あり!!

京王杯2歳Sで1番人気の支持を集めた馬は、連対率40.0%といまいちです。また、2番人気の馬は未勝利で、3~5番人気はデータを見た限り、微妙なところです。ちなみに6~9番人気からは3着以内の馬が7頭出ています。キャリアが少ないメンバーによる一戦だけに、単勝人気の評価はそれほど当てにならないみたいですね。

前走はオープンクラスの出走馬が優勢

デビューから間もない馬たちが集結する重賞でありますが、前走のデータを見た限り、前走で条件クラスに出走していた馬よりオープンクラスのレースに出走していた馬のほうが優勢のようです。それでも2着と3着には、新馬・未勝利500万下から臨んだ馬が6頭ずつ入っています。

馬番別の成績に特徴あり!?

馬番別の成績は、ほぼ内から外に向けて成績が下がる傾向があります。なかでも1~4番は好成績を残しています。さらに特徴的なのが、偶数馬番と奇数馬番の成績です。優勝馬10頭中9頭が偶数馬番で、2着馬は7頭が奇数馬番です。この特徴を予想に取り入れてみたら面白そうですね。

京王杯2歳Sの注意ポイントは!?

過去10年の京王杯2歳Sは、06年と08年を除き大外枠または大外から2番目の枠から発走して2着以内に入いったことがあるという馬が、毎年2着以内に入っています。デビュー間もない若い馬によるレースだけあって、過去のレースの枠順やレース内容についても調べる価値はあると思います。

レース傾向を分析して予想して見ました!!

今回、過去のデータを分析してみて、私の本命はモーリスです。

モーリス

今、予想オッズでは1番人気で過去のレース傾向で一番人気の連対率40.0%といまいちですが過去のレース傾向にあった、馬番が偶数だということで本命にしました。前走の京都芝1400メートル新馬戦を1分20秒6とぶっちぎりでしたし、実力は十分です!!

関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。