スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武豊騎手、過去の弥生賞の成績に注目

皐月賞のトライアルレースである「弥生賞」。
武豊騎手が最多の7勝をあげていることは知っていますか?
これまで、弥生賞に出走したのは14回。
その内7勝をあげているわけですから、勝率に関しては50%と激高っ!

弥生賞男は今年もやってくれる?

武豊騎手

武豊騎手は7回も弥生賞で優勝経験があることも凄いんですが、2着5回と連対する確率も高いんです。しかも弥生賞に騎乗機会があった時は、5年連続で連対中。さらに、着外になったのは騎乗機会があった14回中たったの2回弥生賞男の言葉に偽りなし。過去データ的には、絶対に抑えておかなければならない騎手ですね

キズナとの「絆」が今試される。

kizuna.jpg

2013年の弥生賞で武豊騎手の騎乗馬はキズナ
武豊効果もあって、予想オッズの段階では3番人気です。

1番人気になりそうなエピファネイア
そして2番人気コディーノ。3番人気にキズナ。
この3頭が弥生賞で上位人気するであろう馬です。

相手関係や実績に関しては、エピファネイア、コディーノに劣っているキズナですが、成長力に関してはこの2頭に負けていないと思います。

過去10年の弥生賞のレース傾向も見ていきます。

高配当は期待できないかも・・・

1番人気馬【6-1-0-3】
3番人気以内の馬の成績【9-5-2-14】

弥生賞の人気別のレース傾向を見ても分かるように、あまり高配当が期待できるレースではありませんね。過去10年で1番人気馬が7連対。さらに3番人気以内の馬成績からも波乱が少ないことがわかります

馬連で万馬券になったのは過去10年ではゼロ。
馬単で万馬券になったのは2012年だけです。
このことからも弥生賞がいかに荒れにくいレースということが分かると思います。

朝日杯FS組みとラジオNIKKEI杯組みに注目

ステップレースとしては、朝日杯FSとラジオNIKKEI杯から出走してくる馬が好成績を残しています。近年では、ラジオNIKKEIからの出走する馬の方が好成績を残す傾向にあります

勝ち馬は重賞勝ちの経験が必須?

1着馬の条件としては、重賞勝ちの経験があることが条件みたいです。弥生賞の優勝馬10頭のうち8頭は重賞で1着になった実績がある馬です

結論

過去のレース傾向から見ても上位人気馬になりそうなエピファネイア、コディーノ、キズナこの3頭が勝ち負けする確率が非常に高いですね。10番人気以下の穴馬が馬券に絡むことはほとんどありませんから、極端な穴馬は予想するべきではないかもしれません。今年も堅い決着になりそうですから点数を絞る必要がありますね

関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。