スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山記念-中山巧者ナカヤマナイトの実績

今週の2月24日に開催される中山記念(G2)人気になりそうで、気になる馬はやはり中山巧者のナカヤマナイトです。そこでナカヤマナイトの中山競馬場でのコース実績をまとめてみました。中山記念の過去10年の傾向も確認していきます。

中山競馬場でのナカヤマナイトの成績

nakayamanaito.jpg

2012年12月23日⇒有馬記念(G1)⇒7着【芝・2500m】
2012年09月23日⇒産経賞オールカマー(G2)⇒1着【芝・2200m】
2012年01月22日⇒アメリカジョッキーC(G2)⇒2着【芝・2200m】
2011年12月17日⇒ディセンバーS(OP)⇒1着【芝・1800m】
2010年12月26日⇒ホープフルS(OP)⇒2着【芝・2000m】
2010年09月26日⇒2歳未勝利⇒1着【芝・1800m】

小回りのコーナーで高低差があり、ゴール前の急坂が特徴的なトリッキーな中山競馬場。 ナカヤマナイトの中山競馬場の成績を改めて確認してみて思ったんですがやはりその名の通り中山巧者です。中京記念と同じ距離である1800mでは2勝を挙げています。

中山競馬場のレースでこれまで6レースに出走して5レース連対しています。中山が舞台だとナカヤマナイトは強い☆

去年の有馬記念を含めG1レースではぱっとしない成績ですがG2レースに関しては、産経賞オールカマーで1着。アメリカジョッキーCで2着。産経大阪杯で5着と安定感はあります。格上相手には勝てませんが自分と同等か格下の相手にはキッチリ勝つ馬だと私は思います

今回の出走メンバーで格上と思われる相手はいませんし勝ち負けする可能性は高いでしょうがフレグモーネ(細菌が感染する病気)でアメリカJCCを回避した点が気になります。アメリカJCCを出走できなかった点、回復具合など不安要素はあります。

中山記念過去10年のレース傾向

連対率が高いのは6歳馬
4歳⇒29頭【3-2-2-22】
5歳⇒27頭【1-2-4-20】
6歳⇒32頭【2-5-1-24】
7歳⇒29頭【2-1-3-23】
8歳⇒16頭【2-0-0-14】

年齢別に中山記念の優勝馬を見てみると4歳馬~8歳馬まですべての世代にチャンスがあるということになります。連対率に関して6歳馬が他の世代と比べて抜けているのがポイントですね。

重賞での実績に注目
芝・1800m~2200mの距離の重賞で連対経験があるまたは、G1で3着以内の実績がある馬が中山記念で好走する条件です。複勝圏内に入った30頭の内この条件外だった馬はわずか5頭だけです。

1番人気馬の安定感
1番人気馬は【4-1-1-4】と5連対していて安定感があります。
勝ち馬の10頭中7頭は4番人気以内の馬です。
基本的に堅い決着となることが多いです。

逃げ・先行勢が優勢
脚質に関しては逃げ・先行勢の成績がいいですね。
小回りコースであることやゴール前の直線が短いためこのような結果になっているんだと思います。

関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。