スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーステークスの登録馬と注目馬

2013年フェブラリーステークスの登録馬

アドバンスウェイ
アドマイヤロイヤル
イジゲン
エーシンウェズン
エスポワールシチー
カレンブラックヒル
ガルボ
ガンジス
グランドシチー
グレープブランデー
ケイアイテンジン
コウセイコタロウ
シルクフォーチュン
スティールパス
セイクリムズン
タイセイレジェンド
ダノンカモン
テスタマッタ
ナムラタイタン
ホッコータルマエ
マルカフリート
メイショウツチヤマ
ヤマニンキングリー
ワンダーアキュート

今週開催されるフェブラリーステークスは2013年初めてのGⅠレースです。登録馬を見ていただいたら分かると思いますが、今年初のGⅠレースらしくダート界の一線級のメンバーが揃いましたね。

フェブラリーステークスが実施される、東京競馬場ダート1600mのコースは、スタート直後は芝のコースです。150mほど芝のコースを走りダートコースに入ります。そのため位置取りなど普段通りにいかないこともあります。

2013年のフェブラリーステークスの出走馬の中で今回ダートが初めての馬が2頭います。カレンブラックヒルとガルボです。ダート初挑戦のこの2頭が今年のフェブラリーステークスの予想を難しくしていますw とくにカレンブラックヒルww

カレンブラックヒル

カレンブラックヒル

カレンブラックヒルはダート初挑戦ですけど、持ち前の先行力とスタート部分の芝で主導権を握れそうですね。前走の天皇賞は5着でしたが、デビューから5連勝している実力は本物です。

もしかしたら適正があるんじゃないかとって思っている人も多いでしょう。ですが今回私は、カレンブラックヒルは切りだと思っています。

まず、初ダートでいきなりGⅠレースってのが気になります。スタート直後の芝でうまく先行できたら勝算があると思い登録したのかもしれませんが一線級のメンバー相手に都合よく勝てるとは思いません

ダートで使ってみたらメチャクチャ強かった~。って結果にはならないと思います。芝で十分強いのになぜ、今回フェブラリーステークスで使ってみようと思ったんでしょうか?その辺のカレンブラック陣営の意図も気になりますよね。

イジゲン

イジゲン

今まで数々異次元の走りをみせてきたイジゲンですが、前走のジャパンカップダートではまさかの15着。出遅れ癖があり、ジャパンカップダートの時もそれが響いて しまい大敗してしまった印象です。

入念にゲート練習もしているそうですがやはり不安ものこりますよね。しかしイジゲンにとって東京1600mは2勝しており好条件です。安定感はありませんが爆発力はあります。ゲートが課題ですけど、仮に出遅れたとしてもイジゲンならやってくれそうな期待感はあります。

グレープブランデー

グレープブランデー

3歳時にジャパンダートダービー制していますがその後骨折のため休養しています。復帰後は、少々手間取っていたみたいですが、前走の東海ステークスでは、2着馬に3馬身差の完勝でした

レースで使いグレープブランデー本来の実力が戻ってきています。上昇気配や実績面からもかなり人気しそうですね。

関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。