スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い騎手生活にお別れ。アンカツ引退。。

アンカツの競馬人生

ankatu_20130201160917.jpg

既にご存知の人も多いとは思いますが、アンカツこと安藤勝己騎手(52)が引退することが決定されました。

アンカツと言えば地方競馬から、中央競馬(JRA)に移籍した騎手第1号です。地方競馬出身の岩田康誠騎手。小牧太騎手。内田博幸騎手(ウチパク)らが中央競馬に移籍するきっかけをアンカツが作ったのは間違いありません。

地方競馬と中央競馬の架け橋になったアンカツは騎手としても競馬人としても偉大な人だったと私は思います。

地方競馬時代のアンカツは武豊騎手の全盛期の時に言われていた「武豊の馬券を買えば間違いない」のように「アンカツが乗る馬の馬券を買えば間違いない」と言われるほどでした。それほど地方のファンからも信頼・支持されていたんです。

武豊騎手も引退されることを惜しまれていて「アンカツさんこそ本当の天才ジョッキーでした」とコメントされていました。

引退する理由と今後の活動

体が以前より固い。自分が納得のできる騎乗ができなくなった。体重を維持するのがきつくなった。など引退する理由が述べられていましたけど「期待してくれるファンや関係者の人に迷惑をかけないためにも引退する」と言われていたいました。

最近はあまり騎乗する機会もありませんでしたし、アンカツどうしたんだろう?と思っていたんですけどまさか引退するとは思いませんでした。今後も競馬に携わる仕事をしたいと言われていました。今後のどのような活動をされるなど詳しいことは発表されていませんが、調教師になるという選択肢も 十分考えられます。

中央競馬の通算勝利数は1111勝とゾロ目の数字です。
GⅠレースの勝利数は22勝と偉大な記録を残しての引退。

アンカツ絡みの馬券も今まで数多く取らせて頂きましたし、若い騎手のお手本のような人物だっただけに残念です。長い騎手生活お疲れ様でした。

今週のWIN(ウィン5予想)

今週のウィン5の対象になっているレースは出走頭数の多い、少ないの差があります。頭数の少ないレースは点数を削減して購入し、その削減できた分を出走頭数の多いレースで予想するなど工夫した方がよりウィン5で的中できる確立が高くなると思います☆。

逆に出走頭数の少ないレースを多めに購入して確実に当ていくレースを自分の中で作るってのもいいかもしれません。

東京新聞杯

今週のウィン5のポイントになってきそうなレースです。東京新聞杯はとにかく波乱傾向にあります。上位人気馬の信頼度が極めて低いレースです。過去9年の単勝平均配当は1384円と高く、馬連での万馬券も4回もあります

年齢別では、7歳以上の馬が複勝圏内に入ることは極めて低いレースです。予想の中心にするなら4~6歳馬がいいでしょう。とくに4歳馬が安定した成績を残しています。

リアルインパクト、スマイルジャック、クラレント

きさらぎ賞

出走頭数が9頭と少なく確実に当てておきたいレースです。

タマモベストプレイを予想します。シンザン記念の3着馬です。マイルでも走れることを証明したレースでしたし、1800メートルでも適正があると思います。2ヶ月の休み明けから前走で使った上積みもあるでしょうしやれると思います☆

インパラトールはきさらぎ賞と同じ京都芝・1800mの前走【萩S(OP)】の勝ち馬です。強い勝ち方でしたし、きさらぎ賞でもやれそうです。

斑鳩S

斑鳩Sもきさらぎ賞と同様に9頭での出走です。
当てておきたいレースですよね。

ウエストエンドを予想します。1400mの距離は4勝しており、ウエストエンドにとってベストな距離だとおもいます。 レース間隔はありますが問題ないでしょう。

クレバーサンデー、メジャーアスリート。

長篠S

ビキニブロンド、サクラアドニス。

早春S

タイタン、ノーステア、サトノエンペラー。

関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。