スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神カップ2012予想と傾向分析

阪神カップの過去傾向

阪神カップは2006年に創設された重賞レースです。
過去6年の傾向を見ていきたいとおもいます。
ちなみに2009年のレースは2着馬が同着でした。

■距離実績
1~3着18頭の内14頭は1400mで1~3着以内の実績がありました。
1400mの距離で実績を残している馬を予想に入れた方がいいかもしれません。

■前走
前走が重賞であることが重要です。とくに前走がGⅠだったことが重要です。
GⅠであれば着順は関係ないようです。前走がオープン特別、1600万以下だった馬で馬券に絡んだのは2頭のみです。予想する場合は前走が重賞だった馬がいいと思います☆

■年齢
どの年齢の馬からも優勝馬が出ています。
連対率、複勝率もそれほど大きな違いがありません。

■脚質
先行・差し馬が中心となります。
追い込みが届くことがある点に注意。

■人気
一番人気馬の連対率は50%ですが、3番人気馬は過去6年間で一度も馬券に絡んでいません。また、5番人気以下の馬が馬券に絡むことも多く波乱傾向です。

私はこう予想してみました

アドマイヤセプター

◎アドマイヤセプター
◯レオアクティブ
▲ファイナルフォーム
△サンカルロ
注シルポート

本命馬はアドマイヤセプターです。
距離を短縮させてから成績もかなり安定してきました。
ゴール前での闘争心もあります。重賞初制覇に期待しておきましょう。

関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。