スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップの注目馬、ルーラーシップ

AKB48のガチウマ2~リベンジ

もうすぐジャパンカップ開催ですけど、今週からスマートJRAとAKB48がコラボレーションしたAKBのガチ馬が始まりますね。AKBのガチ馬は今回で2回目ということもあり、タイトルにリベンジってついてますねwちなみに第1回の優勝者は河西智美さんです。(私は知りませんw)

AKBのガチ馬の参加者のルールは単純に出走馬の中から1頭を選ぶます。その馬が3着以内にくればOKです。

AKB48の子たちのルールは、ガチで競馬予想して一番ポイントが高かった人がJRAのCMに単独で出演できるというものです。正直AKB48のガチ馬に私は興味はない(笑)んですが何が言いたかったのかというと、日本の競馬界の不動のセンターはオルフェーヴルってことですw

オルフェーヴル

オルフェーヴル

今の日本競馬界のセンター、実力、人気共に間違いなくオルフェーヴルです。AKB48でいうと前田敦子さんですねw凱旋門賞で2着だったことも記憶に新しいですよね。オルフェーヴルに騎乗するのは、凱旋門賞で騎乗していたスミヨン騎手ではなく、池添謙一騎手です。コンビ復活ですね。

オルフェーヴルについて池添謙一騎手はこのようにコメントしていました。

一週前より今週のほうが息遣いも良くなっています、走りはいい意味で変わりません。私は宝塚記念の時としか比較はできませんが、その時は良くなる途中でしたから、それと比較すると格段にいい感じです。ただ今日は一頭になってふらつく面もありましたがそれがオルフェーヴルですからね、心配はしていません。乗り甲斐のある馬であると同時に結果を求められる馬。とにかく勝つためにしっかり乗るだけです。

ほぼ間違いなく現役の競走馬の中で一番強い馬だと私は、思うんですけど今回のジャパンカップまったく不安がないってわけではありません。まず、今年のジャパンカップはなんといっても出走メンバーのレベルが高いですよね。いくらオルフェーヴルと言えどもそう簡単に勝つことはできないのかな~とか思います。

他にも池添謙一騎手のコメントにあるように、調教・追い切りでも斜行したり、ふらついたり・・・。凱旋門賞、その前哨戦のフォワ賞の反動とかも気になります。

でも、絶好調ではなくとも勝ってしまうのがオルフェーヴルですからね。今回も馬券圏内には入ってくるはずです。オルフェーヴルがジャパンカップで勝つには、枠順が重要になってきそうですね。大外枠の場合、気性面が心配になりますね。

ルーラーシップ

ルーラーシップ

AKB48でいうと大島優子さん的なポジションがルーラーシップですw今回のオルフェーヴルのライバルはソレミアではなくルーラーシップになるはずです。

天皇賞(秋)はある意味叩きのレースだったんじゃないかと私は思います。G1レースでそんなことしないと思う人もいるかもしれませんけど、本命はやはりこのジャパンカップをルーラーシップ陣営は狙っているはずです。

宝塚記念では2着。天皇賞(秋)はゲートで出遅れながらも3着。そしてなんといっても今回騎乗する騎手は、あのウィリアムズ騎手ですからね。

やはりルーラーシップにとって、ゲートは課題になりそうですが、ゲートの練習もしっかり行っているようなのでそのへんは今回のジャパンカップ大丈夫かなと思います。

ルーラーシップは宝塚記念の時は、香港からの遠征帰りながらも2着です。ジャパンカップでは、オルフェーヴルが遠征帰りということになるわけですからこれはかなりルーラーシップにとって有利になると私は思います☆打倒オルフェーヴルに燃えているはずです。

関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。