スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年の世界最高の騎手と馬

ドバイワールドカップの勝者

先週の土曜日の深夜に、ドバイワールドカップがグリーンチャンネルで放送されていました!!
見ましたか!?

今年は日本馬の活躍は、見られませんでしたが、ドバイワールドカップでは去年3着だった地元UAEの馬モンテロッソが見事雪辱を果たして一着になりましたっ!!
騎手は、なんと20歳の若き天才ミカエル・バルザロナ騎手。

ミカエル・バルザロナ

昨年の英ダービーをプールモアで勝利するなど今後の成長に期待ができる騎手です。
この騎手の喜びようは、すごかったですw
ゴール手前30m前から立ち上がりガッツポーズを決めてましたからw
落馬しちゃったらどうするんでしょうねww

ミカエル・バルザロナは英ダービーではゴール60前から立っていた

しかし、このミカエル・バルザロナ騎手は、前科がありましてww
英ダービーの際も嬉しさのあまり、60mも前から立ち上がりガッツポーズを決めていましたww
このときは、ムチの過剰使用と併せて騎乗停止の処分を受けているそうですが、それよりも名誉のほうをとったんでしょうね。

とにかく、この若い騎手が、勝利したことは、競馬界にとっても若手が引っ張っていくといういい刺激になったと思います。
これで、ベテラン勢にも気合が入りますねっ!

世界一おめでとうございます☆

ドバイで起きた悲劇

しかし、それとは対象的に悲しいレースもありました。

それは日本馬マカ二ビスティーが出走したレースで起こりました。
ドバイゴールドカップでフォックスハントという馬が芝に足を取られて転倒。
そのまま、立ち上がることができずに予後不良となりました。

さらに、その再レースでは、ブロンズキャノンという馬も予後不良。
グランドヴェントも怪我するというアクシデント。

このレースですが3頭もの悲劇を生んでしまいました。

2回目をやるならば・・・・・もっとなんでそうなったかを原因を考えるべきなのに・・・・
これは、防げた事故ではなかったのでしょうか?
正直疑問が残りますよね。

なにを言ってももう予後不良になってしまった馬は帰ってくるわけではありませんが、もうこのような事故が起こらないように、対策は行ってもらいたいです。

日本馬の結果

日本馬の成績は、以下の通りです。

ドバイゴールドカップ(G3)
10着マカニビスティー

UAEダービー(G2)
14着ゲンテン

アルクオーツスプリント(G1)
12着エーシンヴァーゴウ

ドバイデューティフリー(G1)
9着ダークシャドウ

ドバイワールドカップ(G1)
6着エイシンフラッシュ
10着スマートファルコン
13着トランセンド

オルフェーヴルは凱旋門賞から

いやぁ~あらためて遠征の難しさを味わいましたね。
スマートファルコンは、実力を充分に発揮できたレースとは言えないし、トランセンドはペースが速すぎました。
エイシンフラッシュもスタートが悪かったですし。
やはり日本と同じようにという風には行きませんよね。

オルフェーヴル凱旋門賞

今後やはりスマートファルコンにはもう一度ドバイには出てもらいたいですよね。
そして、注目はオルフェーヴルがドバイにでるのか!?ということですっ!!
まずは、凱旋門賞から制覇していくとのことのなので、今年の秋までお預けではありますが非常に楽しみですよね!!

間違いなく、日本の中だけで納まるには勿体ない馬なので是非とも出走してもらいたいですねっ!

関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。