スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランセンド、ドバイへ向け弾みをつける好タイム!

栗東DPで6F74秒1―11秒3(一杯)

トランセンド完璧ですねっ!
前走、圧倒したJCダートを圧勝し、JRAで行われるダートG1を全て制覇したトランセンド。
今週も一週前で前回の時と同じような好タイムを叩きだしています。

栗東DPで6F74秒1―11秒3は文句なしのこの日一番時計です。
一週前にしっかりと調教をするのは毎回のこと。
あとは、軽くウマナリで流して、本番を迎えるのがトランセンドです。
今回も、枠順は気になりますがほぼ間違いないのではないでしょうか?

ライバルですが、一番有力候補を言われているのは、ワンダーアキュート。
あの、スマートファルコンを破った馬です。
実は、この両者武蔵野ステークスで対決したことがあります。
そのときは、なんとワンダーアキュートが勝利。
トランセンドはなんとあの時の借りを返すチャンスでもあるのです。

しかし、ワンダーアキュートも実力をつけています。
ジャパンカップダートでは2着、東京大賞典でも2着。
共に相手はトランセンドとスマートファルコン。
間違いなく実力上位です。
ワンアーアキュートの調教タイムは、栗東CWで6F82秒6―13秒0(一杯)。
実は、普段は80秒台をきるだけの実力を持っているのだけに、物足りない調教となりました。
作戦か、それとも本当に調子が悪いのか・・・水曜・木曜追いきりを楽しみにしてみますっ!

芝から強敵参戦!グランプリボス

実は、ここで要注意馬が一頭います。
グランプリボスです。
なんと、トランセンドと同じコースで6F74秒6―11秒6(馬なり)
馬なりで実践なみのタイムをたたき出しています。
パワーのある馬なだけに、この距離と相性の良い東京コース。
どこまで食い下がれるか、楽しみです!

鉄人武豊は、エスポワールシチー

先週、トレイルブレイザーで重賞を制覇した鉄人武豊騎手は怪我で休養中の佐藤哲三騎手に代わって、変え歩ワールシチーで出走します。

今までは、スマートファルコンと敵同士だった馬にどのように乗るのか・・・
武豊騎手いわく、「さすがにバランスがいい、強さは十分に分かっている」とのこと。
鉄人が一体どのようにこの名馬を乗りこなすのか・・・・非常に楽しみですっ!!

連対率が低い6歳馬

実はこのフェブラリーステークス。
6歳馬の好走が非常に少ないのです・・・
勝率、連対率ともに高いのは共に5歳馬・・・
勝率・連対率ともに20%を超えています。
5歳馬といえば、トウショウカズン・トウショウフリーク・ヒラボクキングのたったの3頭。
出走頭数が少なくても5歳馬勝利してきました。
今年も注目です!!

関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。