スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィン5の的中率を上げる方法その2

先週の結果

先週の結果は、ダノンカモンが見事に破れ、ナムラタイタンが勝利した。
嫌な予感が的中したぁ~
やっぱり、2着かぁ~そろそろ順番だと思ったのだが。
私も3連複はゲットしたものの、WIN5は、武蔵野ステークスはダノンカモン1点にしていたのが、残念だった。
ナムラタイタン重賞初制覇

結局またウィン4。
1Rは、一番人気ムーンリットレイクと3番人気だったプレイを選択。
そして、2Rはダコール1点買い。
ここは、馬場が荒れたこともあり、確勝レースともいえる内容になった。
他の馬は、荒れた馬場に脚を取られて、自分の競馬が出来なかった。
3Rはドリームバレンチノ。重賞レベルの馬だし、前走もあと一つといったところだった。
ここも1点で絞ることが出来た。
問題は4R。ダノンカモン1点で行ったのがあだとなった。
3連複では相手に勝っていたナムラタイタンが猛烈な追い上げ!!落鉄して爪にひびが入ってあの走り。文句なしで、ナムラタイタンが一着だ!
5Rはなんとアパパネ、フミノイマージン、アヴェンチュラ、スノーフェアリー、ダンシングレインの5頭買い。結局、10通りの買い目で今回は挑んだ。
三浦の仕掛けが早かったという声もあるが、なってしまったものは仕方がない。
あきらめて次のレースに目を向けよう。10点でウィン4なら大丈夫だろう。

ウィン5の的中率をあげる方法その2

それでは早速本題に入ろう。
前回は、確勝馬の説明をしたが、ダノンカモンは惜しくも2着だった。
しかし、ダコールも馬場があれ、それと同じようになり1点予想に絞込み見事的中。
それを考えると、確率的にはこの方法がやはりもっとも効率が良いというのが分かる。
今度は、出走頭数について説明しよう。
競馬のレースには、各レース出走頭数が決まっている。
18頭フルゲートのレースもあれば、
18頭立て
なんと8頭しか走らないレースや7頭レースも存在する。

8頭立て
そういった、出走頭数の違いがウィン5の的中確率を上げる。
つまり、出走総数が少なければ少ないほど、的中率は上がるのだ。

今週のレースを見てみようっ!

まずはマイルチャンピオンシップ。
これは18頭立て。
G1レースが入ってくるウィン5とあって、やはりフルゲートのレースが入ってくる。
さらに福島記念・霜月ステークスは、16頭だて。奥多摩ステークスは18頭立て。
宝ケ池特別は13頭立てと非常に頭数が多い。
確率は、1078272分の1と非常に低い。
正直に言うと、高配当を狙ってWIN5をする人はおすすめするが、的中率重視で狙っている人にはおすすめできないだろうっ。
この要に、頭数を見ることも、非常に重要なことになる。
一頭違うだけで、確率が全然違ってくるからな。
よく、見ていてもらいたいっ!
関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。