スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィン5を始める下準備



どもっ!!

ということで、今日は、ウィン5の使いかたを、私がわか~りやすく、子供はやっちゃだめだけどわかるよ~に教えたげます!!


まぁ、JRAのフラッシュ説明見れば、わかるんだけど、これは時間がかかる!!余計な時間はないっ!!簡潔にという方は、見て見て!!


私も記事書きながら、予習していくっ!


今回は、まずウィン5の下準備を紹介しようと思う。


さぁ、まずは初歩中の初歩ウィン5とはなんぞや!?という人っているんですかね?



ウィン5とは!?




ウィン5は指定された5つのレースの1着を全て当てる、馬券。
つまは、ナンバーズ5と思えばOK!

一着を5回当てれば勝ち。
一個でも外せば外れ~。


まぁ、単純に考えたら、宝くじと確率はかわらなくなってくるんだけど、ウィン5のいいところは、出走する頭数が少なかったりすること、強い馬を選べるというところで当たる確率というものが、格段に跳ね上がる!!
それが、ウィン5の魅力のひとつだろうね。


でも、デメリットもあるよ。

やっぱり当たりやすいということもあって、5つのレースを全て的中させる苦労の割には配当金が少ない。
前回は、700万位あったけど、その理由は売上額が多かったから。
先週のウィン5だけでの総売上は、10億円!!
俺の予想だと、今だけだよこんだけ売り上げてるの。

win5のJRAの取り分は26%位だったから売り上げが上がってるいまがチャンスかもね。
そのうち買われなくなったらこの配当金は無いよ!
今はCM効果とかあるから、やる人がかなり増えてる。

これってかなりJRA儲かるよねww


と、話を戻すけど、ではどうやったらウィン5ができるのか!?


ウィン5のやり方



まずウィン5したいなら、インターネットでウィン5の会員にならなきゃいけない。
ウィン5はインターネットでしか購入することができないのだ!
競馬場にいってもだめだよ!これは注意!

購入方法は3つ。

A-PAT 「電話購入」
即PAT 「パソコン・もしくはモバイル購入」
JRAダイレクト「パソコン・モバイルからのクレジットカードを使った購入方法」


方法



とにかくめんどくさいのが、ウィン5の特徴でもあるんだな!!
なんで競馬場で買えないのかが意味が分からない。

つまりは今まで競馬に興味がない人をもっと競馬に引き込めるための作戦だと思うけど。
ウィン5をしたいなら、まず先程の3つの登録のひとつをしなきゃ買えないから気をつけて。


ウィン5登録したい人は↓のURLをクリック
http://www.jra.go.jp/w5jd/win5/step/step2.html


ちなみに私は先程の2つの会員のうち即PATに登録してる。
一番簡単で、指定の銀行の口座さえ持っていればなんと、登録したその日からでも馬券を購入することがで切る便利極まりないシステム。

ほかは正直やったことは無いけど、JRAダイレクトは毎回手数料の100円が発生するし、APATは電話だし正直間違えそうだし、面倒。

それを考えると、一番早くて簡単なのが即パットだと思うからおすすめ。


さっきのURLから調べていけばだいたいわかると思うんだけど、私のおすすめの口座作成方法はUFJ銀行に直接行って、口座つくっちゃいなよって話。

だって、ネットで口座を作ったら、資料が届くのにめちゃくちゃ時間が掛かるし全部で2週間以上かかるよ。
時間があるなら、口座を作りに行くべし!

ちなみにJRAが指定している口座はUFJの他に「ジャパンネット銀行」、「楽天銀行」、「三井住友銀行(ネットバンキング)」


うん、絶対に直接UFJ行くのがはやいw


近くにない人は、仕方が無いよ。
やりたい人は、このブログ見ている合間にでもネットバンクを作ってね!!


あとは、注意事項として、キャッシュカードが届いてないとだめだから、直接行った場合でも一週間はかかるかなぁ~2週間は無いと思う。


キャッシュカードが届いたら、さっきのページから登録する。


口座の登録とかが終わったら、はれて会員になれて馬券を購入できるということだよ。
もうその日からできるから是非、楽しんで!!


明日は、ウィン5の使用方法を掲載するねっ!


→ウィン5最新記事ページへ
関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。