スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厩舎側の思惑!?ローズキングダム敗退の理由・・・

皆さんご存知のように、今回の日経新春杯(GII)は、ローズキングダム3着という形で終わっている・・・・

その代わり、優勝したのは、同じ厩舎のルーラーシップ。


これは偶然か!?


今回のローズキングダムは確かにいつもの様子ではなかった・・・
武豊かもなぜあの位置取りを選んだのか!?


菊花賞の時、あんな思いをしておきながら今年もそれを繰り返すのか!?
いいや、ピークを過ぎても天才と呼ばれる武豊だ・・・それはないだろう。


これで次に騎乗するのが、武豊じゃなかったらちょっと考え物だが、変わらず騎乗であれば、何かの思惑があるのか・・・


まぁ考えすぎかも知れないが、厩舎側もプロだ。
ここでローズキングダムを出すのは絶対的に何らかの目標があってのことだろう。


もちろん、ドバイに向けての・・・・



まぁ今回の走りをみてドバイに行くか行かないか決めれたんじゃないかなぁ
ちょっとローズキングダムは休養をとらせたほうが良い。


明らかに、嫌がっていた。
落ち着きが無かったし暴れていた。
あそこまで暴走していると、実力馬といえども、半分の実力もだせないだろう。


ドバイは見送るのか!?
やはり今回の出走には意味があったなぁ・・・


厩舎側も不安だったんだろう。
果たして、ドバイでまともに走れるかどうか!?



コレでも走れるようなら、ドバイも考えられたのだろうが・・・・
私は今回のレースを見る限りは、一般目線ながら、ドバイは諦めたほうがいいと思う。


ちょっとローズキングダムに休養をとらせてあげてくれ・・・



今回厩舎側の思いを考えて、予想をした人は、余裕の完勝だっただろう。

私もその一人だ。


というよりも、ガチガチだからなww

取れて当然か・・・
関連記事

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。