スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟記念 2013有力馬&穴馬予想

新潟記念と言ったら毎年3連単で10万円以上の配当がついている荒れているレースです。この夏の終わりの荒れるハンデレースの過去のレース傾向をさぐりながら有力馬と穴馬を予想していきたいと思います。

新潟記念は毎年フルゲートで開催されているんですがことしは出走頭数も例年に比べて少ないですし、メンバーのレベルもやや低いところがちょっと気になるところです。

過去のレース傾向をチェック!

※新潟記念のレース傾向まとめ(過去10年)

・上位人気馬の信頼度は低め!
1番人気馬が連対したのは1度のみです。
2、3番人気馬も不振で、過去5年で見ると、1~3番人気馬が馬券に絡んだのはたったの2回しかありません。2007年以降だと9番人気以下の穴馬も毎年馬券に絡んでおり、かなりの波乱傾向にあります。

・牝馬が苦戦傾向!
過去10年で連対した牝馬は3頭です。
どの馬も重賞で3着以内の実績があり斤量が53キロ以下でハンデに恵まれていた馬でした。ですが近年はやや苦戦傾向にあるようです。

・差し、追い込み馬が優勢!
差し馬が5勝。追い込み馬が4連対です
新潟コースはゴール前の直線が長いという特徴があるので納得の数字といえるでしょう。逃げきるのは難しいようですが先行馬も4勝を挙げているので軽視するのは危ないかもしれません。

・ハンデは55~56キロの馬に注目!
荒れるハンデ重賞ということもあって軽ハンデ馬が活躍してそうですが52キロ以下のハンデで連対したのは過去10年で4頭のみです。連対馬で多かったのは55~56キロのハンデを負担した馬だったので 予想の中心となるのはある程度のハンデを負担する馬ということですかね。

・芝1800m以上での実績!
コースに関係なく、芝・1800mで勝利経験のある馬が連対することが多いです。

・新潟芝レースでの実績!
新潟の芝レースに出走経験がある馬は連対することが多いです。
さらにそのレースで勝利経験がある馬は新潟記念でもよく連対しているようです。

新潟記念で好走しそうな有力馬&穴馬

トレイルブレイザー

トレイルブレイザー

人気馬の信頼度が低い傾向にあるレースですがやはりトレイルブレイザー は外せない1頭かと思います。

ダコールと人気を分け合うことになると思いますが週末の天気予報は今週も雨と なっていますし馬場が悪くなる可能性があるのでトレイルブレイザーの方が有利かと思います。レース当日の天気が気になるところです。

海外・G1での経験やG2での実績など考えれば格上のなのできっと力があるところを見せてくれるはずです。叩き2走目なので上積みも期待できるでしょうし、複勝圏内濃厚な1頭だと思います

今年は例年よりも出走頭数も少ないですし、傾向通りには決まらない可能性があるのでトレイルブレイザーを有力馬としてピックアップしてみました。

ブリッジクライム

ブリッジクライム

今回の新潟記念で私が穴馬としてピックアップするのはブリッジクライムです。

新潟記念は、軽ハンデ馬はあまり好走しにくい傾向にあるようですが、51.0キロのハンデで横山典弘騎手が騎乗するのであれば話は別かと思うんでです。新潟コースでの実績もあります。

勝ち負けは厳しいかと思いますが2、3着争いに食い込める1頭と予想してみました。

ベストレコードの無料情報が当たり過ぎてる件

8/24~8/25でベストレコードという競馬予想サイトで出されていた無料情報がかなり当たっていたみたいです。

ベストレコード無料情報検証ブログ

参考ブログ:ベストレコードが無料予想4鞍的中!?
一応私もこの競馬予想サイトの会員だったんですけど先週は未確認でした。

先週は土日に2レースずつ提供してすべて的中していたみたいです。
払い戻しこそ低いですが、トリガミにもならず全レース的中ってのも珍しいです。

見ていない時に、参考にしていない時に当たっている……。
競馬サイトあるあるですね。

ベストレコードの公式サイト

スポンサーサイト

札幌記念 2013有力馬&穴馬予想

JRAのG1レースでも優勝経験があるトップホースが出走してくる札幌記念。今年もG1クラスのトップホースが数多く出走することになっていますね。札幌記念2013年のレースを過去のレース傾向をさぐりながら有力馬と穴馬を予想していきたいと思います。

過去のレース傾向をチェック!

※札幌記念のレース傾向まとめ(過去10年)

1番人気馬の連対率は80%!
札幌記念で1番人気に支持された馬は最多の4勝を挙げており、連対率に至っては89% と他の世代を圧倒しています。

ヒモ荒れ傾向!
1番人気と2番人気馬の2頭が連対を外したのは2005年、2007年のレースだけです、2桁人気の穴馬が1着となるような大きな波乱はないようです

馬連の平均配当は6280円!
穴馬が馬券に絡むのは7番人気あたりくらいまでのようです。
極端な穴馬狙いは避けた方が結果に繋がる可能性が高いですめ。

出走頭数に注意!
穴馬が馬券に絡んでいた時の共通の条件としては出走頭数が14頭を超えていた場合波乱が起きやすくなっています。多頭数で開催されるのであれば、穴馬に警戒した方がいいでしょう。

牝馬に注目!
牝馬の連対率が優秀です。
【4-2-2-9】(連対率35%)
出走頭数こそ少ないんですが出走した場合はかなりの高確率で連対しています。

前走の着順は不問!
過去10年で連対した20頭のうち5頭が前走で連対。
掲示板外で巻き返して連対した馬は8頭。2桁着順だった馬で3着を確保した馬は5頭となっており前走の成績よりもデキの良さが重要なようです。もっとも連対馬が多いステップレースは函館記念とクイーンSです。

札幌記念で好走しそうな有力馬&穴馬

トウケイヘイロー

toukeihe.jpg

本命どこで有力を予想するならトウケイヘイローですかね。
近走の成績も安定していますし、鞍上に不安があるロゴタイプより結果を出してくれるんじゃないかと思い、札幌記念の有力馬(本命)として予想してみました。

問題となるのはネコパンチとトウケイヘイローどちらがハナを主張するかということだと思います。番手に控えてもよさそうですけど、できれば逃げ切り勝ちが理想でしょうね。 スタートとうまく切れるかが勝敗を左右しそうです。

アイムユアーズ

アイムユアーズ

札幌記念の穴馬として私がピックアップしたのはアイムユアーズです。
ローテーション的にも好走率の高いクイーンSからの出走となっていますし、なんと言っても洋芝の適性の高さが魅力です

初の2000mという距離の不安や牡馬相手にどこまで通用するのかなど不安要素はありますが、持ち前の先行力とコース適性を生かせば馬券圏内に来てくれるんじゃないかと予想します。

mywiki.gif

関屋記念 2013有力馬&穴馬予想!

なかなか豪華なメンバーが登録している2013年の関屋記念。過去のレース傾向・データを元に本命馬と穴馬を予想してみました。関屋記念は夏競馬ド真ん中の重賞なので夏の暑さへの対応力・適性が重要になってきそうです・・・・。

過去のレース傾向をチェック!

※関屋記念のレース傾向まとめ(過去10年)

1番人気馬が最多の4勝!
勝馬の候補としては1番人気馬か2番人気馬になりそうです。
2006年までは二桁人気の穴馬が勝ち馬となることが多かったんですが2007年以降は6番人気以降が1着となることはありません。近年は堅い決着となることが多いです

牝馬が連対したのは2012年だけ!
関屋記念は「夏は牝馬を狙え」の格言があまり通用しない傾向にあるようです。

中心となるのは4歳馬、5歳馬!
勝ち馬は4歳~7歳まで幅広いんですが連対率や連対数では4歳馬と5歳馬が他の世代を圧倒しています。6歳以上の高齢馬はやや苦戦傾向にあります

追い込み馬が活躍!
ゴール前の直線が長い新潟のコースということもあり追い込み馬が4勝を挙げています。
先行馬も4勝を挙げており脚質面で見ると、追い込み馬・先行馬が中心になりそうです。

OP実績がないと厳しい!
過去10年で連対した20頭のうち11頭が重賞で1着の実績がある出走馬です。
残りの7頭は重賞orオープン特別で連対した馬でした。
これに該当しなかったのは過去10年で2頭のみです。

マイル実績が重要!
過去10年で連対した20頭中13頭が芝のマイル戦で1着の実績があります。
予想の中心となるのは芝・1600mで勝ち馬となったことがある出走馬となりそうです。

好走しそうな有力馬&穴馬

ドナウブルー

ドナウブルー

今回私が関屋記念の本命として予想したのはドナウブルーです。
前走の中京記念では斤量56キロが響いた影響もあって4着。
今回の関屋記念は2キロ減の54キロで走れることも大幅なプラス評価 ですし、2012年にコースレコードで1着となった実績もありますし期待してよさそうです。

ジャスタウェイと人気を分け合うことになるでしょうがこの条件なら勝ち負け濃厚かなと予想してみました。

フラガラッハ

フラガラッハ

予想オッズの段階で5番人気くらいなので穴馬とは言えないかもしれませんが穴馬として予想するのはフラガラッハです。

前走の中京記念は豪快に差し切って連覇を達成しましたし、追い切りの内容も良さそうでした。 好調を維持できていそうです。

また左回りの芝という条件は過去8戦出走して4勝と勝率は5割もあります。
得意としている条件で重賞を連勝する可能性があるんじゃないかと思ってフラガラッハを関屋記念の穴馬としてよそいしてみました。

今回の中京記念はかなり堅い決着になるんじゃないかと私は思います。
ドナウブルーを中心に馬券を購入する予定です。

競馬スピリッツ

小倉記念 2013有力馬情報&穴馬予想!

私の中で荒れるイメージがある小倉記念。過去のレース傾向をメインに参考にして有力馬と穴馬を予想していきます。小倉記念は夏競馬を得意とする馬が好走する傾向にあるレースなので7月~9月にかけて好成績を残している馬が有力?

過去のレース傾向をチェック!

※小倉記念の傾向まとめ(過去10年)

1番人気馬の連対率は約60%とそこそこ高いです。6~10番人気の穴馬が過去10年で11回も馬券に絡んでいます。

・出走頭数の割りに牝馬の好走が目立ちます。
牡馬より牝馬が好走傾向にあるようですが今回は馬券に絡むことはなさそうです。

5歳馬が優勢!5歳馬の連対数・勝利数が最多となっています。
7歳以上の高齢馬が以外と3勝も挙げており健闘していることにも注意が必要です。

逃げ馬が不振です。過去10年で逃げて連対したのは1頭だけです。
中心となるのは先行馬・差し馬です。

前走重賞組が優勢!重賞組みの中でもGⅢから出走してきた馬が結果を出しています。特に前走が七夕賞だった出走馬は4年続けて連対しています。

トップハンデでも問題ないようです。トップハンデを負担した出走馬は過去10年で4勝挙げています。

好走しそうな有力馬&穴馬

エクスペディション

エクスペディション

2013小倉記念の有力馬として私が予想したのはエクスペディションです。
エクスペディションは2012小倉記念の1着馬ですしなんといっても小倉競馬場での実績がすごいです。

全6勝のうち5勝を小倉競馬場で挙げているんです。
出走メンバーの中で一番小倉巧者だと思います。

また過去の傾向的にも好走パターンである前走が七夕賞だったことも評価してみました。

鞍上も乗り慣れた浜中騎手に戻りますし、小倉・芝2000mのコースは浜中騎手の勝率が 最も高い(勝率16.5%)というデータもあります。

ラブリーデイ

ラブリーデイ

今回の小倉記念で私が穴馬をして予想したのはラブリーデイです。

ラブリーデイは小倉1800mを新馬戦で勝っていますしコースへの適性はあると思います。

また鞍上は前走に続き相性のいい川田騎手が騎乗することになっています。古馬とは初対決になりますがハンデ53キロと軽量であることなど好走しそうな予感がします・・・・

競馬応援サイトファームの調子が上がっている件

ファーム最近の無料実績まとめ

夏競馬でのファーム的中まとめ

競馬応援サイトファームが無料情報を毎週的中させていると他の競馬予想ブログなどでも話題になっています。夏競馬に強い競馬予想サイト=関係者から本当に有力情報を得ているということの裏付けになると思います。

千軍万馬

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。