スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収入は無限大

競馬の利益は無限大!?

競馬の利益は無限大です。
なぜなら、競馬のベット数は無制限だからです。
つまり、一度で数千や億単位の利益を得ることももちろん可能となります。
その分の投資金を必要としますけどね。

しかし、これは競馬投資をする上でとても有効です。
複勝で1.1倍だとしても1万円賭ければ千円の利益。
10万円賭ければ1万円の利益が簡単に手に入ります。
この1万円稼ぐのが投資の世界でどれだけ大変か・・・
中央競馬は基本的に1番人気でも1.1倍がつきやすいので、たとえ前のレースで1万負けたとしてもすぐに取り返すことが可能です。

しかしそれをいいことに過去にとんでもない賭け方が流行りました。

その名もマーチンゲール法。

どこかで聞いたことありませんか?
このマーチンゲール法は負けたらベット額を倍にするという簡単な手順で、一回勝てさえすれば利益がでるという方法です。
それをすれば、競馬で勝てるんじゃ?と思われたかた絶対にこれだけは手を出してはいけません。
この方法は、掛け金が無限にあれがこそできる投資法です。
失敗すれば全てを失います。
むしろ投資法と言ってはいけませんねw

競馬サイトの中には、このマーチンゲール法で稼ぐことができるといったサイトが大量に存在しましたが、その会社はほとんど潰れました。
おそらくではありますが、悪質業者だったのでしょう。
『競馬関係者の情報があればこのマーチンゲール法で稼げます』
というのが謳い文句だったと思います。

勿論悪質業者は競馬関係者情報など取得できないので、マーチンゲール法も失敗に終わります。

では競馬関係者情報があれば、マーチンゲール法は成功するのか?
確率は上がります。
これは間違いありませんが、絶対にお薦めできないですよ。
一歩間違えれば、すべてが終わってしまうマーチンゲール法を投資と呼ぶことは出来ないと思います。
これこそギャンブルの象徴とも呼べる賭け方です。

スポンサーサイト

プロの存在がない投資

競馬にプロは存在しない?

株式で言うとプロの投資家は存在します。
それは、毎日株式の情報を集め、確実にお金を増やしていける人の存在です。
しかし、プロばかりでは、株式投資というものは存在できません。

なぜなら、株で損をする個人投資家がいるからプロが稼ぐことが出来るのです。

プロと個人投資家の差が歴然。
情報集めの時点でもう勝敗はついていると言っても過言ではありません。

競馬にも予想のプロがいるのでは?
とも思いますが確かに予想や解説でご飯を食べている人はたくさんいます。
しかし、彼らが実際に万馬券を的中させたことを見たことがありますか??
ご飯を食べれていればプロならば、彼らはプロなのでしょうが、馬券だけで食べていくという面では彼らはプロとは言えないのではないでしょうか?

私の結論からいうと、競馬投資の世界にプロは存在しません。
なぜなら馬が走っているからです。
馬の言葉でもわからない限り不可能に近いです。

プロというのであれば、競馬関係者がそうでしょう。
一番馬が走るか走らないか、経験と調教などで判断できます。
しかし、彼らは馬券を買えない。
つまり、競馬投資に至ってはプロは存在しない、全員が平等の中で投資することが出来ます。

競馬にも勿論稼げる人もいれば、損をする人もいます。
しかし、人よりも少し情報を取得をするだけでも、競馬は勝つことができます。

競馬場を見てみてください。
ほとんどの人が競馬新聞を見ながら少ない情報で勝負しようとしています。
そんな人のなかで勝ち組なれることは株式投資をやってきた投資家にとって非常に簡単なことなのです。

関係者情報取得は合法

関係者情報は競馬では合法

基本的に株式投資というものは、企業の関係者からの情報を取得し株を購入することは、インサイダー取引として罪に問われます。
その上場企業の株が間違いなく上がると分かっているからです。
競馬にも関係者情報というものはあります。
競馬では関係者が馬券を買うことは許されてませんが、関係者の情報を知ることに関しては規制がかかっていません。
これが投資家が競馬を選ぶ最も大きな理由とも言えます。

なぜ許されているかというのは、私も正直わかりません。
それは国が決めることですから。
しかし、株式と明らかに違うのは・・・

「競馬に100%はない」ということです。

株式でいうインサイダー取引は、株が上がることを前もって知っていたためその確率は100%といえます。
しかし、競馬で関係者が穴馬の情報を漏らしても、レースは馬が行うものであり、必ずしもその穴馬が1着になることなど分かるはずもないのです。
それが、このことが合法である理由ではないかと私は考えます。
しかし、いつかはある一定の関係者情報などは禁止にされるかもしれません。
規制がかかっていない今だからこそ投資家は競馬を選んでいるのではないでしょうか?

投資家達は法律の抜け道をさがしている

日本の法律は、イタチごっこの繰り返しです。

法律の抜け道を見つけては、投資家はそれを利用し稼いでいく。
国がそれを塞げば、また投資家は新たな抜け道を探す。
コレの繰り返しです。
競馬に関しては、まだ国側も判断が難しいのかもしれませんね。
もし関係者情報が禁止されてしまったら、困る企業はたくさんあります。
競馬新聞に関係者情報がなくなり馬柱だけの競馬新聞なんて誰も買いませんよね?

宝くじを買われる方へ(番外編)

宝くじからウィン5へ

これは番外編です。
宝くじをやられるかたは、間違いなくWIN5をお薦めしたいと思います。
WIN5とは100円で最高2億円の配当が貰える馬券です。
指定される5レースなかの一着になるウマを当てる宝くじのロト6のような馬券です。
それは確率からもそうですが、WIN5は宝くじに比べて比較的当てやすくなっています。

最高獲得が2億円でお馴染みのロトシックスと比べてみましょう。
ロトシックスは、43個の数字の中から6つの数字を当てるという宝くじです。
果たしてそんな多くの数字からどの数字がでるのか・・・
コンピュータが計算するのであればある規則性が発生しますが、ロトシックスはアナログ的な抽選方法のためどの数字も同じ確率で出ると考えていいと思います。
そして6つ数字がそろう確率を考えると1/6,096,454(609万6,454分の1)。
なんとも膨大な数字なのでしょう。
この数字をみると、「宝くじは買わなければ当たらない」といっても買いたくなくなりますよね。

それと比べるとウィン5はだいぶ当てやすくなっています。
まずWIN5が当てる数字は5つ。
この時点でだいぶ難易度は落ちます。
さらに注目したいのは、出走頭数というものです。
競馬には各レース出走頭数が違います。
最大で18頭。そしてメインのレースといえども8頭立てのレースも珍しくありません。
出走頭数が少なければ少ないほど的中する確率はもちろん上がります。

競馬だから当てやすい

さらには、競馬ならでは当てやすさもあります。
それは、明らかに力の差がはっきりとしているレースなどがある場合です。
何が起こるわからないのが競馬の醍醐味ではありますが、たとえば圧倒的な力を持ったディープインパクトのような馬が出走するとなると絶対にその馬を選びますよね?
もちろんかなりの勝率で勝ちます。
良く見れば競馬のメインのレースになればなるほどそういったレースが多いのです。
さすがに重賞ともなるとどの馬もある程度実力があるので、難しいのですけどね。

ウィン5が普及しないのは、お手軽感がないからでしょうね。
ウィン5はなんとインターネットでしか購入できないのです。
宝くじは、宝くじ売り場に行けばすぐに購入することができます。
それと比べるとウィン5は遠い存在です。
しかし、もしインタネットの環境があるのであれば間違いなく今宝くじを購入している人は、ウィン5をお薦めします。

情報収集が集めやすい

情報収集が容易

競馬と株を比べたときどちらがパッと情報の収集法が思いつきますか?
株は、大事なのは結構感覚的なものも大きいと思っています。
一日中経済について調べられていれば話はべつですが、個人投資として行うとなるとそうも行きません。
せいぜい、最近この企業のサービスが良いとか、良くテレビで見るとか実際に肌で感じることもあるとは思いますが、その時は手遅れです。
雑誌やネットなどもってのほか!
記事になった時点で利益は少ないでしょう。
そうなる前に、株を買っていないと最大減の効果は得られないでしょうね。
つまり株は毎日敏感に電波を飛ばしていなければ、いけません。
思った以上に大変なのです。

その分競馬を見てみると、週末にレースが行われるためそれまでにじっくりとチェックできます。
最終の調教は木曜日に行われるため、その結果も全て余裕をもった上で週末を迎えることができます。
さらには、このインターネット社会が発展してくれたおかげで、かなりの数の情報サイトや、関係者の情報なども増えてきました。
中には悪徳なものもあるようですが、そういったサイトさえ利用しなければ、競馬サイトは様々な情報を提供してくれる便利なサイトです。

あせると冷静な判断ができない

これらを見ると、株はある程度精神力の必要な投資であることがわかります。
その分還元されているといいのですが、ごく一部の方のみでしょう。
自分はある程度情報通で精神力もあり、すぐに売り買いできる決断力もあるという人は、株式投資に向いていると思います。

競馬に関しては、比較的どなたでも利用できるものだと思います。
情報収集帰還は5日間もあるし、情報サイトも豊富で簡単に情報を取得できます。
ただデメリットとしては悪質なサイト等もあるため、それらをしっかりと見極める必要があるということ。
悪質なサイトの手口に関してはこのサイトでも紹介していますが、このサイトが詳しく掲載しています⇒競馬予想サイト返金本舗
時間に余裕があり、冷静な判断が出来るぶんどんな人でも競馬は利用できると思いますよ。

投資金額が安い

投資金額は最低100円

競馬の魅力は100円から馬券を購入することができます。
現在、新しい新馬券WIN5の最高獲得金額が的中すれば、100円がなんと2億円。
株式や、不動産投資となるとそうは行きません。

株式投資も安値のものを探せばかなり出てきます⇒低価格ランキング
それでは、最安値の株を買い続ければ勝つことができるのでしょうか??
誰の目でも明らかですが、それは不可能です。
まぁ誤って誰かが高額な株を1円で売ったりしない限りは無理でしょうねw

大量購入も可能

購入金額が100円からというのは、大量の馬券を買う際も有利となります。
3連単ともなると、その確率は16頭立てで3360分の1。
かなり大きな数です。
少しでも不安な場合は、いろんな買い方をしたいものです。
そんなときのために保険の買い目が買いたい場合。
100円だと非常に買いやすいですよね?
株式では保険にもう一株なんてことは無いですが、もう一株買うとするのに数千円かかるとします。
しかし買ったとして変わる利益はせいぜい数十円から数百円程度でしょう。

まぁ大量に買っていれば話はべつなのですが。
競馬ならば100円で収まり、利益はオッズにより左右されますがどんな買い目であっても100円で購入できるのは大きいです。

競馬はわかりやすい

競馬は単純明快

競馬が他の投資と違うところは、非常にわかりやすく誰にでも分かりやすいところにあります。
競馬のルールはもちろんご存知ですよね?

1~3着までの馬を的中させれば、いいだけという単純明快なものです。
さらには買い方も豊富で現在では以下のものが中央競馬で購入することができます。

1着のみを当てる単勝。
3着までに入る馬を当てる複賞。
1着2着になる馬を着順不同で当てる馬連。
1着2着を着順まで当てる馬単。
1~3着までの馬を全て着順不同で当てる3連複。
1~3着までの馬を着順まで当てる3連単。
そのほかにも、
1着2着になる枠順を当てる枠連。
1~3着までに入る馬を2頭当てるワイドという馬券が存在しています。

これらを、馬の調子によって買い分けることで利益を得ていきます。

買い方の多さは有利

昔は、こんなに買い方は多くありませんでした。
現在のこの数の買い方の種類は私たちにとって非常に有利だといえます。

やはり利益重視で狙うとするなら、高配当な馬券ということになります。
そうなると1~3着の馬とその着順を全て的中させる3連単を狙うことになります。
しかし、馬の状況などによって、もし不安要素が大きければ自信のある馬一頭に切り替えたり、 調子の悪い馬を外した馬連に変更したりなどなど、様々な対応をとることができます。

その面に関して株などの投資を見てみると、売り買いしかできません。

購入する上場企業の数も多いです。
昨年では日本だけでも4000~5000ぐらいでしょうか?
その中から、購入する企業を選べとなると困難です。

競馬は、出走頭数が18頭。
最大で18頭です。

5000と18あなたならどちらを選びますか?

安全な競馬予想サイト

  • 無料の競馬予想サイト一覧
  • よく当たる競馬予想サイト一覧
  • 女性向けの競馬予想サイト一覧
  • 情報が詳しい競馬予想サイト一覧
  • 本格投資競馬サイト一覧
  • win5情報提供サイト一覧
大川慶次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。